岸建工グループ 岸建工へ問い合わせ

岸建工グループ

岸建工へ問い合わせ

大きく変わる賃貸住宅市場と環境 少子高齢社会から超高齢社会へ!

超高齢化社会へ突入!団塊世代の大量退職がもう始まっています。

日本の人口は、2004年にピークを迎え、以降は減少傾向にあります。 その一方で、高齢者の人口は年々増加傾向にあり、その総人口に対する割合は、2005年に20%(5人に一人が高齢者)に達し、さらに2055年には約40%に達する見込みです。 また、高齢化社会の形成に伴い、高齢者の単身世帯および、高齢者夫婦のみの世帯増加が著しく、2025年頃には単身(一人暮らし)の高齢者の世帯数が、全高齢者人口の19%以上を占めると言われ、高齢者の実に5人に1人が単身(一人暮らし)になってしまうことになります。

規制により不足する高齢者住宅!

高齢者が増加傾向にある中、有料老人ホームの新規建築規制や在宅介護を推奨する介護保険の改定で、介護を必要とする高齢者の住まいは足りなくなっています。 介護を必要とする高齢者の住まいは、規制により足りなくなっており、さらに行政対応の遅れで在宅介護では困難な方の受け皿が不足しています。

〜少子超高齢社会の到来〜

2005年では約5.0人に1人が高齢者→2055年には約2.5人に1人が高齢者という“超高齢社会”になることが予測されます

豊かなセカンドステージのための高齢者の住まいが『サービス付き高齢者向け住宅』です。

サービス付き高齢者向け住宅は、入居者を高齢者に限定した住宅で、施設や老人ホームではなく、高齢者が自由に安心して生活できる場所です。

『一人暮らしに不安を感じてきた・・・』 『まだ介護施設には入りたくない・・・』 『生活の中で必要なときだけ支援してほしい・・・』 『健康や介護について不安を感じている・・・』

サービス付き高齢者向け住宅は、今は介護が不要でも、この先の暮らしに不安や不便を感じ始めた方が入居され、文化的で安心と快適な暮らしを求める高齢者が対象です。また、将来的に介護が必要になった時も、提携先訪問介護やその他の介護サービスも利用できる賃貸住宅です。

これからの土地活用・賃貸経営はサービス付き高齢者向け住宅です!

あきらめないで、あなたの大切な土地。岸建工が最良のお手伝いします。

1.ニーズの高い物件

市場ニーズの変化に合わせたサービス付き高齢者向け住宅での土地活用をご提案いたします。

2.豊富な経験でアドバイス

新築住宅・賃貸住宅・建設業で培った、豊富な経験を生かしオーナー様のお悩みにアドバイス。

3.運営提携のご紹介

サービス付き高齢者向け住宅の事業化に向け、運営委託や提携先もご紹介いたします。

当社が高齢者専賃の賃貸をご提案するポイント

高齢者住宅事業のメリットと収益性

サービス付き高齢者向け住宅には国が事業の実施に要する費用の一部を補助し、支援しています!国から補助金が出ます!

低料金・中介護ニーズが高く、満室経営も可能!

医療機関・介護会社と連携してサービス提供!

専門知識も煩雑な手間もほとんど必要とせず、月々定額の収入が見込める事業です。

緻密な計画のもとに建てられた高齢者専用の賃貸は、長期にわたって安定したご入居者を確保できます。 月々の現金収入は豊かな老後を過ごすための私的年金としても魅力です。 また「高齢者専用の賃貸経営」は建てて貸すため、農業や小売業のように経営のための専門知識をそれほど必要とせず、信頼できる介護運営会社との契約方式です。

利用の高い介護住宅として活用されることで土地の資産価値が高まります。

これまでの不動産価格の評価は、周辺の不動産の取引事例を参考にして価格を評価する「取引事例比較法」が一般的でした。「あそこの不動産がこれくらいで売れたのだから、この不動産はこれくらい」というように価格を決めていました。 近年では、その不動産から生み出される収益を基準に考える「収益還元法」が不動産の評価基準になってきています。更地や古い家が建っている土地をそのままにしておかず、人気の高い高品質の介護住宅として運営することが、土地の資産価値をより高めることにつながります。

岸建工のサービス付き高齢者向け住宅 施工実績 姫路市・高砂市・加古川市・神戸市にて続々展開中です!